2021年9月25日土曜日

TH3の神に捨てられHexの神に拾われた

 仕掛中のTH-3JRS、梅雨でもないのに停滞していました。

さっさと上げられれば良いのですが・・・

先ずは、今のアンテナを降ろさないと活けません。

新らしいアンテナを上げ、結線、SWR(最低でも)確認を一人でヤッツケようと思うと、丸々半日は必要です。

が、妙にバタバタしていて時間が作れません。

その反動で、明け方目を覚ましたりすると、ついMMANAでこねくり回してしまいます。


捨てる神:TH-3JRS

 先日、トラップの長さやLCを測っていました。で、いろいろ値を入れてみると、やはりバンドの下へはみ出すようです。

考え違いもあり得るで、共振周波数を測ってみました。

トロイダルコアで結合

丸いのはLF/MF用のシールドループ

壁から離してもNG、やはり、はみ出すようです。

 28MHzは合わせられるのですが、21MHzのエレメント(10mトラップと15mトラップ間のパイプ)と14MHzのエレメント(15mトラップの先)を最短にしても、バンドの下端を下回ります。

 確かに、28MHzを29MHz辺りまで持ってゆくと、14と21のSWRは下がります。28はカバー範囲が広いので28.1MHz辺りでも2以下に収められます。こんな感じで追い込むと、ダイポールなら「何とか使える」状態になります。

 実は、TA-51jrトラップDPはこのような状態なのです。

 しかし、3エレの八木でこれをやってしまうと、ビームパターンはグチャグチャになってしまい、トライバンダーの使い勝手が台無しです。

 木造であれば、屋根高+ルーフタワー高で、高さを稼げるのですが、鉄筋の屋上は乾いた地面以上に影響するようです。

 また、細いとは言えパイプなのでコンデンサの効き目がしっかり出るようです。

 いっそ「コイルを減らしてみようか!」と思い、一時被せた熱収縮チューブのカバーを外したのですが・・・流石に思いとどまりました。hi

 どうやらTH3JRSの神様に見放されてしまったようです。


拾う神:HexBeam K4KIO

 友人と電話した際、そんな愚痴をこぼしていたところ、「使ってないヘックスビームがある」との事。無理をお願いしてQSYして貰いました。

 早速送って貰ったので、近所の土手で組み立ててみました。

 昼飯を喰ったらと目論んでましたが・・・、出がけにあれこれ邪魔が入いって、着いたのは、

16時過ぎにスタート

傘の骨を開くのに20分ほどかかりました。

でかい!

 ここまでは、マニュアルを眺めながら、20分ほどでした。

 箱がコンパクトだったのと半径は4mに満たないので、50MHzの八木プラスαをイメージしていましたが、立体なのでずいぶん大きく感じます。

 ステーだらけのルーフタワーへどう上げるか?難問です。

 エレメントは全体にゆったりしていると思い込んでいたのですが、意外にパツパツでした。特に、最初6mがかなり短く(あるいは、エレメントを通すアイが遠く)て手古摺って仕舞いました。

 また、この時間は愛犬の散歩に訪れる人も多く、「無線のアンテナですか?」とか「可愛いワンちゃんですね」とかの会話が始まります。

 ある年代以上は皆さん「アマチュア無線」を知っているのですが、10代の子供たちにとっては完全に死語のようです。正直、ビックリしました!

 そんなことをしている内、日が落ちかけて来ました。

つるべ落しの始まり

日没で第一回戦の終了です。


2021年9月18日土曜日

有機ELディスプレイ(OLED)のノイズ

昨日教えていただいた有機ELディスプレイ(以下、OLED)からのノイズ

供給している電圧が低いので、そんなにノイズを発生するとは知りませんでした。

中にDCDCインバータでも入っているのでしょうか?

面白そうなので、いじってみました。


使ったのは、自作のスニファー・プローブです。

元ネタは見つけられませんでしたが、図は此方に転載されていました。

EMC Testing Part 1 - Radiated Emissions

https://www.nutwooduk.co.uk/archive/keitharmstrong/emc_testing1.html

Figure 1の最下段、一番簡単なタイプです。

極小サイズのシールデッド・マグネチックループ・アンテナそのものですが、実装は、奇麗なループでなくても良いそうです。

何かの残骸のアクリルパイプに巻き付けています。

使い方は

このプローブをSunSDR2に繋いで、あちこち近づけると・・・・

このWiFiアダプターが一番強力なノイズ源になっていました。

少し離れているとウッスラですが

いちばん強い「ツボ」はここ

逓マークはちゃんとあります hi

さて、目的のOLEDですが

影響が出るとすれば、やはりローバンドでしょう。

先ずは、PICから

皆無でした

OLEDは?
結構盛大に出ています

ハイバンドは如何でしょうか?
14MHz
何倍波か分かりませんが、飛び飛びに広がって見えました。

という次第で、たしかにノイズは発生していました。
しかし、屋上のアンテナを繋いだ状態では、その他のノイズに完全に埋もれるようです。

先ずは一安心です。




2021年9月17日金曜日

ラズパイのLow voltageエラー対策

 このところ野暮用やこまごましたトラブルが続き何から何まで中途半端になっています。

ラズパイベースのradioberry、結構調子良く動いてましたが、気が付くと止まってるというのが何度かありました。

で、とうとう起動できなくなってしまいました。

ラズパイのトラブルシュート記事をさがして見ると、電源系の例が多いようです。

USB電源は、秋月で買った2.5A電源できっちり出ています。

ケーブルで降下するケースも多いようですが、最初から使っているケーブルなので急に調子が悪くなるというの変です。

何処か接触不良でも・・・と思ってあちこち触っていると、偶々起動することがありました。

改めて眺めると、ラズパイの画面、右上にあまり縁起の良くないマークがあるのに気が付きました。

しかし、リモートの画面には、この黄色いマークは現れません。

もっと言えば、Low voltage warningの警告にも始めて気が付きました。

やはり電圧が低下しているようです。

ラズパイ単体で起動し、あちこち突っつき廻すと・・・・

+5Vから複数の電圧を発生されているMXL7704-P4というICに接続するコンデンサが犯人のようです。

MxL7704 5出力ユニバーサルPMIC

https://www.digikey.jp/ja/product-highlight/m/maxlinear/mxl7704-five-output-universal-pmic

大方ハンダ不良では?と思って(何とかの一つ覚えです hi)、ハンダ鏝を当ててみたところ、微かに「パチッ」という音がしました。

一瞬冷や汗が出ましたが、よく見るとコンデンサの電極が弾けて、ちょうど帽子が脱げたようになっていました。頭に血が昇って写真を撮り忘れました。

ガックリ来たので、さっさと店仕舞いして、早めの晩酌にしました。

--- 昨夕の事です ---


さて、明け方ウツラウツラしていると気になって仕方がありません。

ずいぶん前ですが、100uFくらいの積セラを買ったような気がします。

4時過ぎに起きだして、続きです。

先ずは、コンデンサを外して更地にしました。

右側のGNDパターン、放熱効率が良いようで、Wellerの調温ハンダ鏝を使いましたが、外すのにかなり手古摺りました。

同じようなサイズで、この6V 100uFセラ・コンと、16V 22uFのタンタル・コンがあったのですが、容量の大きい方にしました。

当てた瞬間に熱が奪われる感じです。

意地になって、800度位まで上げて、付け終わったのがこの写真です。

再起動すると、愚図っていたのがウソのように素直に立ち上がりました。


それにしても汚いハンダ付けですね

GNDパターンの放熱効果が高いのに気が付いたところで、(熱容量が大きい)大きめのハンダ鏝に切り替えるべきでした。

後で考えると、セラ・コンとタンタル・コンの二段重ねもありました。

未だ愚図るようだったらやって見ます。

2021年9月5日日曜日

またポチッてしまいました

つい広告に惑わされて、ポチッてしまいました。


それにしても、これで3.5から54MHzのトランシーバが実現できるなら、驚きです。

一体どこまで進化(それとも、退化?)するのでしょうね?

届くまでにアンテナとAT50に区切りをつけて置きたいのですが・・・



2021年9月2日木曜日

秋ですね

 9月に入ったら、急に寒くなりました。

 明け方でも20℃以上ありますが、熱帯夜に慣れたせいかゾクッとします。おまけに、週明けまで雨が続くようです。

 拙いことに、仮組中のTH-3JRSがシャックの壁に立て掛けたままです。しかも、まだテナコートを塗っていませんでした。orz

 軒下に取り込みたいところですが、店開きしたところまでは手すりのない屋上を通らないといけません。

 命あっての物種と言います、耐候テストだと思って諦めます。

 さて、去年は如何だったかな?と思って比べてみると・・・

この半月ほどの気温の変動は目立ちます


 また、春から夏にかけて雨が続いたせいか、この8か月で、昨年12か月分の雨量を超えたようです。 

 (雨量グラフ、ところどころ歯抜けなのは電池切れです。)

2021年8月31日火曜日

TH-3JRS (4) トラップまわりの処理

ねじの処理

 トラップの処理ですが、同調周波数の確認がてら、ねじを回してみたところ緩んでいる個体がありました。

 緩み止めと防水(染み込み防止)を兼ねて、リキッド・テープを塗りました。

危ないところでした

防水は要らない? 

 つらつら考えると・・・

 雨水は、入った分が抜けてくれれば良いので、防水に拘る必要はなさそうです。しかし、困るのは、チリや煤の付着です。

 電圧の高いところには、どうしても微粒子が集まってしまいます。

 それならフィルターを付けるのは如何でしょうか?

 目についたのが、速乾と通気性をうたった化繊の作業用Tシャツです。

 穴に貼り付けるのは如何でしょうか?

  1.雨水の飛び込みを防ぐ

  2.内部の結露(汗?)を逃がす

  3.チリや煤の侵入を防ぐ

 1石3鳥では・・・

 上手く行かなくても、全て自分の所為、引っ剝がせば良いだけです。


着古しを丸く切り抜いて

 周囲に接着剤を塗って貼り付け(パンク修理ですね hi)

 熱帯雨林で調達した、熱収縮チューブを被せてました。

 両端だけなのは、内部の水が溜まるのは片方だけのはずなので・・・

処理の前後

 上のトラップ、付け根が斜めです!

 途中で足らなくなってので、近所のホームセンターを覗いたらピッタリのがありました。

しかも安い!

最初からここにすれば良かった

 12本やっつけましたが、付け根の曲がりが結構ありました。

すこし気落ちします orz

 午前中に一式を仮組みしてみました。

 午後から導電グリス(昔のペナトロクス。今はテナメイトと言うんですね)と、テナコートの処理をと思ったのですが、雷が鳴りだしたので早々に退散しました。

WW Digi DX 2021に参加

WW Digiに参加しました。

炎天下のアンテナいじりで草臥れてしまい、約9時間ほどの運用で116QSOという結果でした。

朝の14・21と夕方の7でのWとYB、JAが中心。すこし珍しいところは、7メガのV31MAくらいでした。
爆睡のためヨーロッパがほとんどありません

周波数分布

全体の約3分の1、39QSOがFT4(下側)でした。

FT8とFT4を行き来すると、FT8の15秒は長いですね!

運用面でも、FT4の方がコンテストに慣れた局が多く、テンポが良い感じです。

QSOいただいた皆さん、ありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。


2021年8月27日金曜日

TH-3JRS (3) トラップのLC

トラップの共振周波数

 組み立てに入る前に、トラップ類の寸法やLC、共振周波数などを調べておけば、後々のシミュレーションに使えそうです。
 MiniVNAで始めたのですが、何か勘違いしているようです。狙った(期待している)値にたどり着けません。さらに、共振回路を構成するコイルとコンデンサの値を読み取る方法が、今一つ理解できません。
拙いな~
 ふと思い出したのが、3~4年前にDG5MKさんからキットを購入した、"LCQ-METER"です。現在はさらに改良が進んでいるようです。

ラフな結線でも、キャリブレーション後はかなり正確に測ってくれます。
10m反射器トラップの共振周波数
10m反射器トラップのLとC

 各トラップは、流石に何十年も生産されているだけあって、左右の値は良く揃っていました。
 なお、周波数が少しズレている(低い)のは定石で、ドンピシャだとロスが大きくなるためだそうです。

Traps」W8JI

>1.) Is it best to make the trap resonant close to the desired operating frequency?

>NO! Loss is highest when the trap is resonant at the operating frequency!



水抜き穴の処理
 やはり気になるのがこの水抜き穴です。
 以前、他のメーカーの方に「テープなどでしっかり処理するば、水が入らないのでは?」と尋ねたところ、「構造上、温度変化に伴う吸排気で湿気が入り結露する」と云うような話でした。
 この辺りは住宅も同じような事情だと思いますが、ゴアテックスのように湿気は通すが水は防ぐという、透湿防水シートが切り札になっているようです。
 タイベック®ハウスラップについて

 トラップの場合、田舎ならともかく街中では、煤を吸着してしまうのも気に掛かります。 
 何かの役に立つのでは?と思って貰った「ハウスラップ」の切れ端が使えないかと思案中です。

2021年8月26日木曜日

--- WW Digi (FT4/FT8) DX Contest [8/28 21:00~29 20:59] ---

 名 称:World Wide Digi DX Contest

日 時:8/28日(土)21:00~8/29(日)20:59 JST

        8/28日(土)12:00~8/29(日)11:59 UTC

周波数:1.9~28MHz 

推奨サブバンド:

A. FT4 recommended sub-bands:

 1.840-1.844, 3.580-3.589, 7.080-7.089, 14.080-14.089, 21.080-21.089, 28.080-28.089

B. FT8 recommended sub-bands:

 1.844-1.848, 3.590-3.599, 7.090-7.099, 14.090-14.099, 21.090-21.099. 28.090-28.099

C.JA向けの80と40m用サブバンド

 FT4:

  3.528 (JA-JA), 3.570 (JA-DX)

  7.038 (JA-JA), 7.080-7.089 (JA-DX)

 FT8:

  3.531 (JA-JA), 3.573 (JA-DX)

  7.041 (JA-JA), 7.090-7.099 (JA-DX)

コンテストナンバー: 4 桁のグリッドスクエア [例:PM95]

 ※WSJT-X最新版の「WWデジタルコンテスト」設定を使用

 ※JTDXは使用できません (コンテストに対応していないため)

コンテスト用メッセージの設定個所

ポイント

 QSO得点:1QSO = 1点.

  ※QSOは,バンドにつき一度だけ,FT4かFT8のどちらかで,得点される.

  距離得点:3000kmごとに1点.

  ※QSO相手のグリッド・スクエアの中心との距離の3000kmごとに1点.(例,5541km = 2点). 実際の信号のパスにかかわらず,ショートパスの距離が使用される.

マルチ:各バンドにおける,2桁のグリッド・フィールド.

スコア:すべてのバンドにおけるQSO得点の合計 × すべてのバンドにおける2桁のグリッド・フィールドの合計 

ロ グ:キャブリロ(Cabrillo)形式のログを提出用ウェブページからアップロードする.

提出用URL:<ww-digi.com/logcheck/>

締 切:9月3日23:59 UTC必着

主催者URL: https://ww-digi.com/index.htm

ルールの日本語訳:https://ww-digi.com/rules/wwdigi21_jpn.pdf


2021年8月25日水曜日

TH-3JRS (2) 員数確認

 昨日、昼過ぎから店開きしました。

ちょうど、ブルーインパルスの展示飛行がスカイツリー方向に飛んでゆくところでした。

薄曇りの白を背景にした、スモークの色が綺麗でした。

しばらくしてから、花火のような火薬臭を感じたのは気のせいでしょうか?

さて、員数合わせの前に、寸法をミリに換算してみました。

導波器の先端パイプ、フォーンがCWよりも長いのは不思議なところです。hi

他にも何か所か腑に落ちないところがあります。

しかし、大問題は、これらの値は約20m高が前提となっていることです。

ルーフタワーの5m高では、フォーンセットにしても14と21はバンドの下にはみ出してしまいそうです。

28MHzは許容範囲内だと思うので、MMANAでシミュレーションした値でセットし、21と14はフォーン設定で上げてから様子を見たいと思います。


友人から、「インチ単位のメジャーがあるらか送ろうか?」との有難い電話をいただきました。

換算したから大丈夫と答えつつ、たしか家にもあったな?との思いがよぎります。

改めて思い返したら、中華デジタル・ノギスがミリとインチを切り換え可能でした。

現物はこんな感じです

しかし、これには落とし穴があって、

例えば、写真のボルトは、パーツリストには

「Bolt, hex head, 1/4"-20x3/4"」と書かれています。

「ねじの外径が四分の1インチ、1インチあたり20山、長さ四分の三インチ」

という意味だろうなと想像はできるのですが、電卓やノギス表示のミリ換算やマニュアルの値と比べるには、その前に、分数⇔小数の換算が必要でした。

時々、日本人はお釣りの暗算ができる・・・・とか自画自賛しているTV番組がありますが、

この手の分数や、(お金の)12進法や20進法の世界で生きている人たちには、とても敵いそうもありません。hi

そんなことを考えながら、数えたところ・・・

員数はピッタリ!

オマケは、ワッシャ1枚ありませんでした。hi hi

これだから、予備が入っていたりすると「日本人はスゴイ(小さい声で、お人好し)」とか言われるのかも知れません。


それにしても華奢なトラップです。

水抜き穴の配置と巻線の細さに不安が・・・

Power Capability 600W PEP, 300W AMと書いてあるのですが、瞬間最大風速ですかね?

100W RTTY/FT8の運用に耐えてくれると良いのですが・・・


今日は、組み立てに入る前にレンチを買ってきました。

特にホースクランプ(24個)はマイナスねじのため、以前ドライバが滑って血だらけになったことがあります。まして、タワー上の作業では危なくて仕方ありません。

数の多いボルトナット(28組)も、サイズが半端で手持ちがありませんでした。

そういえば、V型DPを上げた際、自在スパナでの締めが甘く、トラブルの原因になったのは苦い教訓です。


2021年8月24日火曜日

TH-3JRS 開梱

一昨日、朝方は曇天でした。

台風が来る前にと思い、延ばし延ばしにしていた剪定をしました。

そのとき、軒下の梯子を取りに行って目についたのがこれです。

雨に当たってすっかり見すぼらしくなってしまいました

ゲインも耐電力も大盛です

昨年の春先に購入し、コロナ自粛で放っぽっていたのですが、このところの様子では収まる気配がありません。

ひょっとすると、「悪い風邪」に慣れてしまう方が早いのかも知れません?

うかうかすると、その前にお迎えが来てしまいそうです。hi

という訳で、開梱してみました。


最初にマニュアルとの員数合わせですが、眺め始めると大陸的?な大らかさが気になります。

例えば、これはブームとマストの組立図ですが、

芯?が無い

パイプを突き合わせて鉄板でカバーするだけです。

日本製なら必須の芯に当たるパイプ(?)が見当たりません。

昔は如何していたのか? 今となっては記憶の欠片もありません。orz


それにしても、鉄板のブラケットの頼りないこと!

という訳で、悪い癖で芯になるパイプや代替ブラケット探しが始まってしまいました。

✖印が代替や追加

加えて、寸法がインチ表記のため、電卓を片手では員数合わせも捗りません。

換算値を書き込んでから再開です。

2021年8月23日月曜日

SARTG RTTY 2021に参加

先週末に開催されたSARTG RTTYに参加しました。

スタート時に所用があり、昼頃からはじめました。

SSNは20~25程度で推移したようですが、真夏のコンディションに加えてアクティビティも低かったようです。

日曜の深夜から明け方にかけて、14メガでは強い局がずっと見えていましたが、コールしても全く手ごたえが感じられません。

こんな感じでした

他のバンドも同様なのですが・・・

結局、42QSOに終わりました。


 Band     QSOs     Pts  DXC  Are  Pt/Q

     7       7      80    4    4  11.4

    14      28     350   14    6  12.5

    21       7      65    1    4   9.3

 Total      42     495   19   14  11.8


RTTYスキマーも起動していましたが、こちらも低調でした。

RedPitaya+トラップバーチカルですが、キャパシティ・ハットを飛ばされてしまい、ローバンドはバンドを外れています。

私のほかには JA4ZRKさんから上がっていましたが・・・

やはりアクティビティが低かったようです。

終わってから、SparkSDRのFT8に切り替えたところ、数分で千近いQSOを補足していました。

「Baudotは遠くなりにけり・・・」寂しいですね。

と云う訳で、週末の「新顔RTTY」 WW DIGI DXに期待したいと思います。

--- ちょっと修正しました ---

QSOいただいた皆さんありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。


2021年8月18日水曜日

AT50は超ノイジー?

先日のBatavia FT8で気になることが有りました。

運用中、雨風が強くなりアンテナのSWRが乱れるようになりました。

そこで、直下型にすべくパイアスTを作りかけで、バラック状態のAT50をトランシーバとアンテナの間に入れたのですが、明らかに受信状態が悪くなったのです。

SWRは下がったのと、同調の取り直し(ズレて来た時はTuneにして10W程度のキャリアを出すとチューニングモードに入る)は期待どおりだったので、最後まで使いました。

が、ずっと気になっていたのです。

昨日、直結とAT50挿入の状態を比べると・・・・

明らかに感度が低下しました

ハンダ不良やリレーの接触不良を疑い、MiniVNAで調べてみましたが

通過ロスは思ったより大きいのですが、何dBという値では有りません。

SWR検出部トランスが、エナメル線にチューブを被せただけで、コアにくっ付いているのが気になっていたので、気休めに同軸に取り替えて、シールドをGNDに落としてみました。

値の改善は僅か

しかし、ノイズは明らかに減りました。

作業中に気が付いたのは、電源がOFFの時は真ん中のリレー(S8)でバイパスしているものだと思い込んでいましたが、どうやら違うようです。

まったく順番が違うのですが、改めて回路図を見ると・・・・

電源がオフの場合、INPUTされた信号は、コイル切り換え用の7個のリレーを延々と経由して、OUTPUTされるようです。

そのため、接点のロスが生ずるのに加えて、不安定な裸のラインでノイズを拾っているのかも知れません。

しかし、ATU-100ではこれほどの感度低下はなかったような気がします。

これも作りかけになっているATU-100を引っ張り出して確認しました。

最初に作ったキットのコアを使い廻して2倍増しにしている

やはり、目立った感度の低下はありませんでした。

ラインの引き回しが良い? そもそも距離が短いのが幸いしている?


AT50では、ハイパワー化に伴って、基板、リレー、コイルなどのサイズが大きくなった結果、ノイズを拾いやすくなったのかも知れません。

・ノイズが一杯というシャックの特殊事情?

・金属ケースに入れたら改善するのか?

・アンテナ直下に設置した場合は?

・電源に連動するバイパス用のリレーを足してみるか?

お楽しみは尽きません hi


2021年8月15日日曜日

ペルセウス座流星群のMS QSOと今朝の夢

この数年、夏の風物詩として一番の楽しみが「ペルセウス座流星群」です。

昨日(14日)の朝も良く見えていました。

QSOの様子

 今年は、JF7GDN YONEZAWA-OMのほか、JG6TPY, JH4SUY, JH8SIT各局との間に4 QSOを完成できました。

皆さんありがとうございました。


寂しかったのは、JA9BOH(SK) 前川OMの信号が見えなかったことです。

直接お会いしたことはありませんでしたが、数年前に初めてトライして以来、メールやオンエアでいろいろ教えて頂きました。

各シーズン(極大期)には、チャットなどをしながら運用していたので、ひとしおでした。


寂しいと言えば、2月に他界されたJF2IWL(SK) 長倉OMの事も思い出されます。

先日読み書きしていたSDカードも、Red Pitayaを触りだしたころ、何度か岐阜と行き来していました。


OMだったら、Radioberryをどう使うかな?

昨夜、そんなことを思い出しながら床に就いたせいか、泊りがけの無線仲間とのミーティングの夢を見ました。

勤めていたころの同僚や上司が混じっているところが如何にも夢なのですが、亡くなった方もいて、妙に懐かしく楽しい夢でした。


早くコロナが終息して、また集まれるようになると良いですね。